肌に悪い成分を学ぶとスキンケアの達人になれる!

肌に悪い成分を学ぶとスキンケアの達人になれる!

綺麗な肌を保つために有効と言われる成分は沢山あり過ぎて全部は覚えられませんが、肌に悪い成分はポイントを押さえれば比較的簡単に覚えることができます。

 

LDKで酷評の雪肌精

 

肌に悪い成分が入ってる化粧水や乳液は買わない!と徹底するだけで見違えるほど肌が綺麗になりますので、まずは肌に悪い成分を覚えましょう?

 

肌に悪い成分の代表

エタノール
肌が弱い人にとっては刺激以外の何物でもなく肌トラブル(乾燥肌や敏感肌を招く可能性あり)に繋がる危険性も…。

 

BHT
脂質の変性を防止するために配合されるフェノール系酸化防止剤。安価。発がん性が疑われている。アレルギー反応を引き起こすこともある。

 

ジメチコン
シリコンの一種。シャンプーやトリートメント、ヘアスプレーなどによく使われる、ただしシリコンが肌に残るとくすみの原因になる。 ジメチコンの他にジメチコノール、アモジメチコンなどがある。シリコンは危ないのか?ノンシリコンッシャンプーについて

 

イソプロピルメチルフェノール
防カビなどに使われる抗菌作用のある成分。人によってはアレルギーが引き起こる可能性が。

 

メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン
殺菌力の高い防腐剤。肌への刺激が強いため、乾燥肌・敏感肌の人は避けるべし。

 

ラウレス硫酸Na
洗浄力が高い界面活性剤。その分、肌への刺激が強い。安価なシャンプーやボディソープに好んで使われる。

 

基本中の基本として「エタノール」が入ってる化粧水や乳液を買うのは避けるべしってところから始めたらいいと思うよ。何故だか男もんの化粧品にはエタノールが配合されてることが多いね。男だから肌強いべ?ってこととエタノールが安いんだろうね。

 

エタノールの所為で乾燥肌や肌荒れに悩む男性は凄く多いと思われるのでご注意あれ。

関連ページ

ZIGEN(ジゲン)に学ぶ男のスキンケア。←本気やでココ(;'∀')
なんかお得なキャンペーンでZIGENのオールインワン フェイスジェルとフェイスウォッシュを買う機会があったので物は試しと買ってみました。
本当に良い男性用コスメとは
本当に良い男性用コスメは肌にいい成分(プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドとか)がたっぷり含まれています。コストの問題で代替品を使うのがいけないんです。
男なんだけど乾燥肌・敏感肌なんです、って人は苦労する。
基本的に男性向けコスメって肌が強い人をターゲットに作ってますので乾燥肌・敏感肌の人が使うと悪化します(;^_^A 成分にとことんこだわった化粧品はないものか…。
基本中の基本!肌の手入れの順番を復習しませう!
スキンケアを学び始めたのはつい最近。でも一度覚えてしまえば簡単です。洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番ですから!
好転反応で肌が痒くなる?肌に良い成分のコスメを使ったのに!
新しい化粧品を使うと思わぬ副作用にビックリすることがあります。一時的な好転反応を説明されることもありますが要注意です!
肌が痒いのは、もしやエタノールの所為?
化粧水やら美容液をつかったら肌が痒くなってきた。経験上、高い確率でエタノールが入ってます。肌に刺激になる成分ということで有名ですがやっぱり実感するほど良くないんですかね。
結局、何がおすすめ?年齢別で男物化粧品のベスト
普通の人の6倍くらいネットサーフィンをして、メンズコスメの情報収集をしたばかりなので、今なら何でも聞いて!という無敵状態に近い俺。時間が経ち忘れ始める前に、年齢別おすすめ男物化粧品を書いておきたい。
俺は乾燥肌…。そんな俺が好む男の基礎化粧品。
俺は乾燥肌なのかもな。完璧な成分とも思えたZIGENオールインワンフェイスジェルを使ったのに、肌が突っ張るような感覚を覚えたため、そう思った。
僕も体は脂っぽくて悩んだ、脂性肌の男性スキンケア。
脂性肌のスキンケア。それは食生活は脂の摂取量を減らす。運動は新陳代謝を促進して余計なものを体に残さない。本当にこれが基本。

 
HOME サイトマップ